おすすめできる交通事故弁護士とは?

千葉で交通事故の無料相談ができる弁護士をお探しの方へ。このページでは、弁護士が「おすすめできる交通事故弁護士」について解説しています。

交通事故の被害に遭ってしまい、弁護士に相談したい。でも世の中にはたくさんの弁護士がいて、誰に相談したらいいのかわからない。

交通事故に遭ってしまうと、ただでさえ怪我や車の修理・買い替えなどで大変なのに、弁護士も探さなければならないと思うと、頭が痛いですね。

ここでは、そんなお悩みをお持ちの方に向けて、交通事故について相談するにはどのような弁護士が良いのかを、ご紹介します。

交通事故弁護士に必要な能力

交通事故に遭ってしまったので、弁護士さんに相談したいのですが・・・。
弁護士といっても、それぞれに専門がありますので、交通事故に強い弁護士を見つけることが大切です。
なるほど、交通事故に関する知識と経験のある弁護士さんが安心ですね。

交通事故に関する専門知識

一口に弁護士といっても、その専門分野や仕事内容は、多岐にわたります。すべての弁護士が交通事故に強いわけではありませんし、また交通事故に強い弁護士が、その他のどのような事案にも強い、というわけでもありません。

そこで、交通事故弁護士として第一に求められるのは、交通事故に関する専門知識になります。交通事故の知識をきちんと備えたうえで、保険実務を理解している弁護士を見つけることが大切です。

難解な疑問についてのリサーチ能力

知識があったところで、それを運用し、事案解決に向けてリサーチを行っていけるようでなければ、有能な弁護士とはいえません。

交通事故の紛争解決には、事故現場の検証に始まり、治療を担当する医師とのコミュニケーション、適当な診断書作成の依頼、保険会社とのやり取り、といった様々な過程があります。

ただし、知識を備えた弁護士だからといって、すべての疑問に直ちに答えられるわけではありません。解決の過程で生じてくる、数々の難解な疑問についてのリサーチ能力を備えた弁護士が良いでしょう。

この点については、回答が保留されていた相談事項について、後日しっかりと回答してもらえるかどうかにより見極めることができます。

保険実務に関する知識

交通事故の被害に遭い、弁護士に相談するのは、加害者に対して、損害賠償請求、慰謝料請求をするときでしょう。つまり、ここで被害者が闘う相手は、加害者側の保険会社なのです。

ところで、保険会社というのは保険実務のプロ集団です。彼らは当然のことながら、自分たちの支払うお金が出来る限り少なくなるように動きます。

場合によっては、保険金の請求の順序を間違えたことで、得られる保険金が少なくなってしまった、という事態もあり得るのです。

交通事故の被害に遭って、怪我をし、あるいは車に損傷を負って苦労している状況で、被害者がそのような相手と闘うには、彼らと堂々と渡り合えるだけの保険実務の知識を持った弁護士が不可欠といえます。

交通事故弁護士に必要な能力 理由
交通事故の知識 すべての弁護士が交通事故実務に強いわけではないから
リサーチ能力 交通事故紛争の過程では様々な難解な疑問が生じるから
保険実務の知識 交通事故紛争で闘う相手は保険実務のプロである保険会社だから

交通事故弁護士に求められる依頼者への対応

交通事故弁護士に必要な能力がわかりました。知識を備えていて、なおかつ依頼者に寄り添ってくれる弁護士さんがいいですね。
はい。やはり依頼者の立場に立ってコミュニケーションをとってくれる弁護士が良いでしょう。
そうですね。では具体的に、どのような対応を期待できるのかを教えてください。

依頼者の意見を尊重すること

弁護士の職務に関する倫理と行動規範を定めた「弁護士職務基本規定」というものがあります。この第22条1項には、以下の規定があります。

「弁護士は、委任の趣旨に関する依頼者の意思を尊重して職務を行うものとする。」これは、弁護士は依頼者の意思を尊重しなければならない、という職務規定です。

ここにもあるとおり、交通事故弁護士に求められる姿勢としても、まず第一に大切なのが、依頼者の意見を尊重することです。

中には、自分勝手な進め方をする弁護士もいますが、大切なのは、依頼者が望むタイミングと頻度と方法で、依頼者と適切にコミュニケーションをとる弁護士かどうかです。

事件の経過を随時報告すること

また、本当に熱心な弁護士は、事件の経過を依頼者に随時報告します。依頼者としては、弁護士にお願いしたは良いがその後の経過がまるで分からない、ということでは不安になりますね。

そんなことにならないように、きちんと報告をしてくれる弁護士を見つけましょう。

依頼者が必要とする時に連絡をとれること

もう一つ、非常に大切なのが、依頼者が必要とする時に弁護士と連絡をとれることです。

とくに、弁護士が外出中であっても弁護士の携帯電話に直接連絡をとれる仕組みが用意されていると便利です。

やはり、依頼者と弁護士との間の信頼関係が大切ですから、必要な時に連絡がとれないようでは困りますね。

交通事故弁護士に求められる依頼者への対応
依頼者の意見を尊重
事件の経過を随時報告
依頼者が必要とする時に連絡をとれる

交通事故弁護士の弁護士費用の相場

交通事故で弁護士さんに依頼すると、費用はいくらくらいかかるものでしょうか?
従来は、相談料や着手金もとるのが一般的でしたが、最近は成功報酬だけとる弁護士も増えてきました。
弁護士さんによって違うのですね。

従来の一般的な弁護士費用

従来は、30分5000円の相談料と、約20万円の着手金に加え、成功報酬として、賠償金(慰謝料)が増額した分の10%程度をとるのが一般的でした。

着手金というのは、初期の活動費のことをいいます。ですから、その後の中間費用や成功報酬、交通費、出張費、各種実費や手数料など、すべてを合わせると、数十万円から100万円を超えることもあります。

従来の一般的な弁護士費用
相談料 5000円/30分
着手金 20万円
成功報酬 賠償金(慰謝料)アップ分の10%程度

新しい弁護士費用体系

しかし最近では、交通事故被害を受けて、弁護士費用を払えない被害者のために、相談料や着手金を無料とする弁護士も増えてきました。

この場合、相談料や着手金をとらない代わりに、成功報酬として、賠償金(慰謝料)が増額した分の20%や、総回収額の10%をとっていることが多いため、成功報酬だけを見ると、従来よりも高いように見えます。

とはいえ、成功報酬というのは、事件が成功に終わった場合に、事件終了の段階で支払うもので、全く不成功(裁判ならば全面敗訴)の場合には発生しない費用です。

ですから、相談料や着手金として事前に支払わなければならないのに比べると、事件が成功してから後払いする成功報酬が多少割高でも、依頼する側としては安心ともいえるのです。

新しい料金体系
相談料 無料
着手金 無料
成功報酬 賠償金(慰謝料)アップ分の20%程度
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

おすすめ記事

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける